本篇建議使用寬螢幕1440*900觀賞

ポゴ 平跳


 スタンディングと同様、基本中の基本です
這個動作和定竿一樣,是基礎中的基礎。
進みながらタイミングをはかり、ホイっと前後輪を同時にホップ(浮かす)することができればOKです。
能夠掌握時機在滑行中途把前後輪同時跳起來(往上浮),就算OK
 これが出来ないことにはトライアルテクニックの多くは繰り出すことができないんじゃないかな?と思うほどです。 もしも「これは出来ないけどダニエルできる」という方がみえましたらご報告をお願いします。
一般認為無法做出這個動作的話,很多攀岩車的技巧是無法學會的。萬一有人即使不會平跳仍然能夠舉前輪作獨輪跳躍的話,還請提出來讓大家參詳一下

ホイっと両輪ホップ平跳

1) 助走助走

 特に助走スピードにこだわることもありませんが、以降の「丸太越え」の習得を考えるとしたら微速前進程度が適当だと思います。
不需要什麼特定的滑行速度,但為了考慮下一階段「越過障礙」的練習,還是以微速前進比較適當。

2) プッシュPUSH(下壓)

 自転車に乗っていないときでもジャンプしようとすると自然に膝を曲げて一旦は腰を落としますよね? それと同じです。
如同平常跳躍前會彎曲膝蓋,把上半身往下沉一樣的動作。
 できればタイヤなどを潰すような感覚を感じたいものです。
儘可能做到像是要把輪胎壓扁那種感覺。

3) ホップ跳躍

 縮んだバネを開放するように自分がまず跳びます。
就像放開被壓縮的彈簧一樣,首先是身體先往上跳。
その後に自転車を連れて行くように持ち上げればホップできると思います。
然後把自行車順勢往上帶應該就會跳起來。
(腕の力に頼らないのがコツかもしれません不要用手的力量硬拉應該是關鍵

4) 着地著地

 離陸したら当然、着地があります。
離地之後當然是著地啦。
足腰や手首などを柔らかく使い、ソフトに着地できればポゴ終了です。
在落地的時候,柔軟地利用腳、腰、手來減緩衝擊,完成平跳。


本圖文皆引用自http://www.katch.ne.jp/~isog/tech.htm,http://mosaico.tw.googlepages.com/平跳如原著不願引用,請告知,本人願立刻移除,不週之處,尚請見諒.
創作者介紹

KJ_Corp.

JaYLaNT 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()